AKB48 総監督 高橋みなみ が本当に卒業発表!! 卒業発表コメント全文


AKB48高橋みなみ(23)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたグループ結成9周年公演で、AKB48からの卒業を発表した。



卒業日は、1年後の来年12月8日になる。総監督の後継者には、横山由依を指名した。

高橋の卒業については、今月6日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!SP衆院選より一足お先に解散総選挙スペシャル」で、メンバーをだますドッキリ企画として取り扱われたが、今回は本当の卒業発表となった。

高橋みなみ卒業発表コメント

(2014年12月8日 AKB48劇場)

今日はAKB48劇場9回目のお誕生日です。今年2014年は本当にAKBにとってたくさんの出来事が起きました。それは仲間との別れでもあり、そしてグループとしての危機でした。

そのすべてを乗り越えてこうして10年目というすばらしい形をこの劇場で取れた本当にみなさまのおかげだと思っています。

振り返れば2005年12月8日、私たちはこのステージに立っていました。

正直はじめのころは「アキバ四十八」と外の仕事では言われ続け、なかなか一般的な知名度は上がらずとても苦しい思いをしました。

ですがそんなときにもこの劇場はここにあり続けてくれました。

どんなにつらいときもどんなに困難なときも、私たちが苦しくて立ち上がれなくなりそうなときも、この場所に戻ってくればみなさんが笑顔で声援を送ってくれる。

この場所は私たちにとって我が家です。

我が家であるこの劇場には二つの柱があります。

正直すごく邪魔です。

でも恒例になっている行事があります。

1年に一度、この12月8日という日、劇場の誕生日にはピンクのテープが張られることになりました。

いつかピンクのテープでいっぱいになってこの柱がなくなればいいな、なんてそんな思いを託しながら結成1年目から続けている行事です。

最初はそんな意味もなかったことかもしれません。

ですがこうして9回目、こんなにすばらしいみなさんと、そしてたくさんの仲間たちとこのテープを張ることができたことがとてもうれしいです。

そして来年はこの柱に10本目のテープを張ることになります。
AKB48、10周年です。

振り返ってみると本当にあっという間だったという風に感じることもあれば、ここまでの道のりは長かったなという風に感じることもあります。

10周年、節目の1年だと思います。




ここで私からひとつ発表させてください。私、高橋みなみは2015年12月8日をめどにAKB48を卒業します。

まだ1年先の話です。ですが、私はAKB48グループの総監督です。
メンバーに引き継ぐ時間、猶予をいただくためにこのタイミングでの発表とさせていただきました。

私は、AKB48に入って本当に良かったと思っています。

仲間との別れもたくさんありました。

同期ももう3人しかいません。

気づけば回りの景色も変わっていました。

同じ曲でもいないメンバーばかりで私はなぜいるんだろう、と思ったことがなかった、といったら嘘みたいになります。

それでもここでよかったなと思えるのは、秋元先生をはじめとするスタッフのみなさんと、そしてここにいるすばらしいメンバー、そして、なによりファンのみなさんに出会えたことが私の人生のいちばんの宝物です。

私はこのAKB48に恩返しできることというのは少しかもしれません。

それでも何かこの未来をAKB48の未来を担う子たちに何か残してあげたい、それが私にできるひとつの恩返しの形だと思っています。

私がいなくなってからのAKB48グループを引っ張るのは、次期総監督として横山由依を指名させていただきます。

正直総監督はしんどいです。きついです。

近くにいるメンバーも感じてると思います。

だからこそ私は仲の良い横山由依にこの総監督という名前を渡すのはとても嫌でした。

キツいと知っていながら大切な後輩にこれを託さなければいけないというのは、本当に苦しいです。

私で終わらせようとも思っていました。

ですが、やっぱり女の子の大人数のグループです。話に花が咲いて全然集中できなかったり、全然まとまらないことも多々あります。

そんなときにひと声、「行くぞ、やるよ」という言葉をかける人がこのグループには必要だと思いました。

横山ここに来れるかな?(横山由依、隣に立つ)

彼女は私にとってすばらしい後輩です。

本当に真面目で不器用で、すごく一生懸命頑張ってくれました。

夢も私と一緒でソロデビューでした。

そんな彼女に総監督を渡すのは夢から遠ざけることになるかもしれないと私自身もすごく悩みましたが、彼女にはきっかけが必要だとも思っています。

総監督は苦しいです。

でも、それと同時に世間の方に見てもらうチャンスが増えると思います。

横山にとってのチャンスと思って頑張ってほしいなっていう風に思っています。

(隣にいる横山に)なんか言ってよ。

頑張ってほしい。そのために1年間、彼女にバトンをつなげたいと思います。1

彼女に残せること、そして後輩に残せることはまだまだたくさんあります。

正直1年で教えてあげられるかわからないぐらいあります。

それでも残された時間を一生懸命頑張ってみんなとともにいきたいなと思います。

まだまだちゃんと卒業のめどというか日にちというか詳細は決まっていません。
なんらかの形でみなさんにお知らせできればなっていう風に思っています。

ただひとついえるのは悲しいことではないということです。

AKBは来年、10周年、大切な1年です。

私もこのグループに10年いれたことがとてもうれしいですし、10年で終わるようなグループではないと思っています。

11年目につなげてほしい。大丈夫だと思っています。

なので、私なりに一生懸命、横山由依と、残されたメンバーたちにバトンをつなげたいと思いますので、これからもどうぞ、AKB48グループの応援をよろしくお願いします。

●高橋みなみをもっと見る
●高橋みなみ - Wikipedia
●高橋みなみ - Google+
 
Back to top!