2014 総選挙の“裏MVP”は 71位 AKB48 田名部生来


7日に行われた「第6回AKB48選抜総選挙」(東京・味の素スタジアム)は速報順位で2位だったAKB48の渡辺麻友(20)の逆転1位に沸いたが、“裏MVP”といえる輝きを見せたのが71位に入ったAKB48田名部生来(21)だ。


壇上スピーチで「ドッキリでしょうか」と語るほど自身も驚いた初ランクイン。名前が呼ばれると本人は呆然とした後「キャー」と叫び声。周囲のメンバーたちは笑顔で祝福し、同期の渡辺麻友(20)も手を叩いて喜んだ。

AKBをよく知るライターも「まゆゆの1位が発表されるまでは今回の総選挙で一番の衝撃だった」と語る圏外からの追い込み。

5年連続でランク外だったことに加え「度を超したオタクで本を出してみたり、アイドルなのに酒好きだったり、のび太の格好をして藤子・F・不二雄ミュージアムに行ったら公式ブログに一般人として掲載されたり…ととにかく独自路線。いろいろとやってきたことがついに報われた瞬間」(前述のライター氏)

そんな田名部に“推しメン”ではない他のAKB、姉妹グループたちのファンも祝福。今回の総選挙の名場面に挙げる声も多い。


●田名部生来をもっと見る
●田名部生来 - Wikipedia
●田名部生来 - Google+
●AKB48公式サイト|メンバー情報|田名部 生来






 
Back to top!