白衣の 武井咲 、連ドラ「ゼロの真実~監察医・松本真央~」で天才監察医役




武井咲、天才監察医役でドラマ主演「米倉先輩から白衣の着こなし学ぶ」

女優の武井咲が、テレビ朝日系新ドラマ『ゼロの真実~監察医・松本真央~』に主演する。
昨年4月期の同局系ドラマ『お天気お姉さん』と同じ脚本家・大石静氏が書き下ろす、新たな法医学ドラマ。
武井は「事務所の先輩でもあり、白衣の先輩でもある米倉涼子さんから着こなしを学びつつ(笑)、全力で頑張りたい」と意気込んでいる。

同ドラマは、「監察医務院」という特殊な職場を舞台に、IQ150を誇る天才監察医・松本真央が連日、運び込まれる遺体と向き合いながら、真相究明へと突き進んでいく姿を描く。大石氏が、今回、武井主演で“当て書き”した主人公・真央も一風変わっている。天涯孤独で組織や人間関係にはまるで頓着せず、異性にも、食べ物にも、オシャレにも興味なし。友人は一人もなく、唯一興味を示すのは、死体の検案・解剖のみ。彼女が見つめるのはただ一点、母親の死の解明だった…。

●武井咲をもっと見る
●武井咲 - Wikipedia
●武井咲オフィシャルブログ&プロフィール
●武井咲をamazonで検索
 
Back to top!